スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2014の投稿を表示しています

謹賀新年

2015 賀正 新年明けましておめでとうございます 謹んでお祝い申し上げます

クロカン、オフロードで見つめなきゃならないと誰しも感じている部分のひとつに、
ショックアブソーバーチューニングがあります。
IMPS ZEROLINE R1サスキット、フォックスレーシングショックのショックアブソーバー(ダンパー)チューニングもクロカンオフロードという舞台で本当に必要なことを見つめ直したセッティングです。(写真ブルーブラケットは旧モデルとなります。現行モデルはブラックの配色となります)
構成されるショックのパーツが良いことも大事ですが、それ以上に、ショックはオイルの中でいかに動かすことができるか?
そのためのIMPSセッティングが極めて重要です。
そろそろO/Hの方はご一報下さい。
もう付けちゃえ!って方も、よろしくお願いします。

来年も4WDにシフト!

ズブっとハマる! ちょっと走ってみたい! いつも通り行きたいナ〜
いろいろ楽しめましたね。
伝説も生まれましたね、、、
2015 そしてまた、伝説へ
来年もよろしくお願いしますヨ

エアーダウンからエアーアップ

クロカン、オフロードに着くなり 空気抜いた?ってよく聞いたり言ったりします。



クロスカントリー走行、オフロードではタイヤの空気を低く調圧することでタイヤの乗り上げをしやすくなります。
エアーダウンにより、タイヤの接地面積が広げることも目的のひとつ。その仕組みはとても重要で奥が深いのです。 エアーダウンさせるには、空気を入れられる準備が必要です。 通常走行時に必要な空気圧に復帰させなければならないのです。近所のガソリンスタンドでやればいい、、、そんな声も聞こえますが、街へ戻らないアウトドアー連泊、タイヤのビード落ちも予想されるハードコアなエリヤやコースを攻める、そんなときにスタンドへは戻れません。なので、ポータブルエアーコンプレッサーを常備することで楽しくエアーダウンできるわけです。週に一度のクロカン、価格もリーズナブルな87Pは好評です。スペックはジムニー専用タイヤサイズ内であれば十分、空気をいれることができます。コンパクトサイズも嬉しいです。価格:¥13,160税抜き。



より本物志向のユーザーさんのために1機入荷しました。このフォルムでやられてしまいますね。 より速く空気を入れられる440P。その速度はジムニー専用タイヤサイズには十二分なスペック。37〜35インチタイヤクラスにもストレスなく空気を入れられます。連続稼働時間は450Pにやや劣るものの、休止時間をとれる状況であれば十分待てるかとおもいます。 440P価格:¥65,076
シリンダー冷却フィンはアルミ合金ダイキャスト サイドパイプリザーバー 空気取り込み口はエアーフィルター式 ブラケットに防振ブッシュを介してベースに置かれる 非常に振動を吸収しているので、稼働中にコンプレッサーがどこかに歩いていかない  防塵カバーはありがたいことです
<440P参考フィルレート>
<440P性能データ>
フローレートはコンプレッサーが送り出す空気の流量で、動作環境次第で変わってきます。流量CFMはキュービックフィート/minで換算後単位がLPMリットル/min、何bar時に毎分何リットルということです。
デューティサイクルは稼働時間とクールダウン休止時間の比で、クールダウンせずに連続稼働が可能であることを意味します。

2014 IMPSクロスカントリーミーティング定期走行会で走り納め

2014年3年目のIMPS STUDY FIELDでクロスカントリーの面白さを再認識でしたね
12月28日、今年の走り納めとさせていただきます。
もちろん場所はIMPS STUDY FIELDです。

そして、冬本番を迎え、ウィンターオフロードシーズン到来ですね。雪中行軍の準備もしなきゃネ、、、
雪も良いですが、氷上走行もクロカンしてみたいな、、、
来年も4WDにシフトしていきましょう

IMPSクロスカントリーミーティング 定期走行会

11月のクロカンミーティング無事に終えました 秋深まる中、天気も良く 楽しく過ごせましたね

ステアリングが切れません、、、 フロントドライブシャフト折損です。 初めての野外作業。ベテラン諸兄に教わりながら、復旧! 持っておくべき物も教わりましたね。次からは揃えて臨みましょう。 あくまで、応急処置ですので後日メンテナンスをお願いします。

IMPSサスペンションキットリセッティング

IMPSゼロラインサスキットN1を取り付け、約7〜8年経ちこれからの走りを考え、ゼロラインR1にリセッティングしました。 長年放置されていたそうで、ついでにペイントも少々しました。 N1からR1なので、コイルスプリングとショックアブソーバー(ダンパー)の変更、リアラテラルロッドブラケットを追加。コイルスプリングとショックアブソーバー(ダンパー)は密接な関係があるので、セットで交換を提案します。 当時のN1のセッティングとは比べることができませんが、ユーザーさんもセッティングってこういうことなんだ!と改めて実感するのではないでしょうか。 また走りが楽しくなりますね。



クロカンの帰り道

行ってきました〜!興奮冷めやらぬ雰囲気が心地良いです 土産話しに花が咲きます 面白かった〜、、、コンボイのジーピングのスタックからの脱出がぁ〜、、、 ベテラン諸兄の微笑みが、、、どうしてあの状況で?
道具の準備の重要性を知ったのではないでしょうか。いろいろ揃えて行くともっと楽しいし、時間の短縮にもつながります。道具立てをしたら、使う順位も決めると面白いかもしれませんね。

IMPSクロスカントリー定期走行会

雲ひとつない晴れピクニック気分のクロカンを楽しんでいます。 IMPS専用フィールドなので、気ままにのんびりもできます。時間もゆったり使えますの アグレッシブにトライ!大歓迎です。
じっくり見て、、、 トライ
苦戦中のビギナーさんに救いの手が入りました、、、
IMPSフィールド内では、柔らかいところや固いところがあるのでアタック中にタイヤが土を掻いてしまい、段差ができてしまうので小岩を置いて段差を少なくしアタックしやすくしています。簡単に通れるようにしているわけではなく、アクセルワークのちょっとした練習です。
秋深まる頃までに上達しておくことで、これからのオフロードシーズンが違ってくるのではないでしょうか。


JA12Cトランスファーオーバーホール

JA12CトランスファーのO/Hです。
低回転時のわずかな異音、ベアリングの打音のような回転音のような異音が出始めてきたので、壊れる前にオーバーホール。
ジムニーJA12CのトランスファーはJA11と同一ユニットで、シフトはレバー式。3軸ギヤ式。
写真手前がアウトプットで大きめに見える歯車と真ん中の歯車がIMPSロックロブスターローギヤ。
ケース分割式でシンプルなトランスファーです。
トランスファーのギヤ比はクロスカントリー走行向けにLOWレンジを最適化しています。IMPSロックロブスターローギヤ
カウンターシャフトのワッシャーを定期的に交換します。純正部品名称はワッシャーなのですが、金属ブッシュのような、アルミニウム合金のケースとギヤを直接接触させないシム、表面はディンプルがあるので、オイルをキープしておいて潤滑している。摩耗しますが、ギヤに比べれば柔らかい材質であるとおもいます。

ベアリング類は全て交換。オイルシールはフランジと共にセットで交換。(フランジはオイルシール接触面が摩耗限度範囲内であれば、スプラインをクリーンにしてシール面を磨き再使用する場合があります)
インプットシャフト、アウトプットシャフトの軸方向のクリアランスを調整するため調整シムでセッティングします。
組み立てに使用する新品ベアリングを洗浄しMOTULテックグリース300を使い、ベアリング内部にグリース詰め込みメニューもあります。
1本のシフトレバーの加工で2駆LOW(リア駆動)、2Lというもチューニングメニューもあります。この場合、シフトパターン変更となるので、しっかりパターンを身につけてからでないとシフトチェンジしにくいかもしれません。
どれも、組み込んで外観をみてもなんら変わり映えしませんが、ひとたび走り出せばその性能効能がすぐに体感できます。
使用ギアオイルはオメガ・ギアオイル690スペック0とします。

Oil Leaks

コンパニオン・フランジからオイルがリークしていました。初期発見でオイルの飛散は少ないものの、オイルシールを交換しプレロード調整です。 リアデフのコンパニオン・フランジはトランスファーからのアウトプット、プロペラシャフトがCVジョイントを介して接続されます。フランジはデフのピニオン・ギアにスプラインかん合されています。同時にケースに圧入されたオイルシールがあり、デフオイルをシールしています。ジムニーで多く見かけるフランジからのオイル漏れですね。オフロードの泥や砂埃が付着したまま回転すると、シールと金属面の間に泥や砂埃がコンパウンドのように摩耗されてしまい、クリアランス過大となりオイル漏れに至るとおもいます。デフケース内は走行中は圧力変化もあるので、シールはしっかりしたいです。デフケース内の圧力調整はブリーザープラグがありますが、、、 スプラインには錆が多く見受けられます。スプラインをクリーンにしてから(スプラインが適正にしゅう動しなければ、適正なプレロード調整不可のため)新しいフランジにて、プレロード調整です。作業前に必ずプレロードは確認しておき、プレロードが異常のばあいは塑性スペーサを交換しプレロード調整となります。 って、、、極々通常のジムニーメンテナンスです(笑)

トランスミッション・トラブル

異常を来していたが、走行不能までには至らずオーバーホールの運びとなった この部分の画像を見て、嗚呼、、、と思われる方はジムニーマニアックスですね。 ジムニーJA11F6Aエンジンのトランスミッションの内部です。鉄粉の堆積が酷いです。 メインシャフトのリバースギアと5thギアとメインシャフト最後尾のベアリングの位置を保持するスナップリングが折損し、削られ、鉄粉となったことが言えます。オイルに混入した異物はその他のシャフトやギヤ、ベアリングに悪影響があるので、オーバーホールです。 さて、このJA11オーナーさん、IMPS常連さまですが、前回もリバース&5thにトラブルがありましたが、この時はリバース&5thハブ・スリーブのキースプリングが折損でした。
オーバーホールしつつ、思い当たるのはクロカン走行にて、スタック車両をリカバリーする際に、リバースで牽引する時間が多い。自車両がスタックし、前進後進を繰り返すことが多いと考えると、メインシャフトリバース&5thへの負担が非常に大きくなり、カウンターシャフトとメインシャフトとの噛み合いがズレてしまうのかなと、、、ケースの剛性不足もあるとおもいます。リバース・アイドラギアのシャフトの振れなど、、、
スタック車を後ろからシングルラインで直引きするときなどは(状況次第で)、リバースではなく1速ギアで前進する気遣いでリスクを減らせるかもしれません。

ダート走行などでは、メインシャフト・インプットシャフト4thギヤのかん合がズレる現象がありました。路面グリップが良好で、コーナーリング立ち上がり3速シフトが上手くエンジンパワーバンドに合うと、メインシャフト3rdギヤの歯がすべて破損する現象もありました。よく言う?ギヤを失った、、、ですかね(笑) 走行状況によって不具合がこれほどまで変わるとは、、、です。 とても根強いファンが多いJA11。とは言え旧式ジムニー、常日頃のメンテナンスが物を言います。使用するミッションオイルはオメガ690スペック0を選択しました。オメガ・ギヤオイル690高い粘着強度で油膜切れが少なく、極圧性も高くオイルの耐久性も高く、低速走行にも向いているオイルと判断しました。オイル冷間時は高い粘着性のため少々暖気が必要です。冷間時シフトがやや入りづらいですが、JA11ならトランスファーをニュートラルにして、トランスミッシ…

F6Aエンジン・リフレッシュ

リフレッシュ後 ユーズドカーから乗り出したJA11C 新しいオーナーさんはメンテナンス具合や現状を把握しておきたいものですよね。 早速、乗り出しいざ走り出しましたが、エンジンやタービン、クラッチなどなどリフレッシュが必要だということになりました。これから乗り出すわけですしね! リフレッシュ前
F6Aエンジンはオーバーホールし、補機類ターボやエキゾーストマニホールドや補機類ホース類の交換です。 ヘッドカバー(タペットカバー)を開けてみると、オイルスラッジの堆積が酷いです。 オイルの選択が良くなかったことが言えます。
オーバーホール後はクリーンな状態になります。各部基準値内に。
エンジン補機類も同様に、オーバーホール。吸気管内の汚れも酷く、洗浄剤にてクリーンにします。
タービンも同様にオーバーホール。エンジン本体のオイル管理が悪かったため、ターボのオイル循環不良でした。ヘッドカバー(タペットカバー)からのブリーザーホースはスラッジ堆積により、不通となっていたました、、、
エンジンへのワイヤーハーネスのテーピングも巻き直し、コネクター部も点検洗浄です。

エアコン無しの設定のJA11Cでしたので、スズキ純正カーエアコンキットを新規で取り付けました。残暑もクールエアーで気持ち良い!!幌車オープンでエアコン! 矛盾していますが、熱い風の中に冷たい空気がくるのが、贅沢ではないでしょうか? まだ、エンジン以外にも不安要素もあります。年式的に見ても、やっておかなきゃスタートできないわけです。ともあれ、蘇った動力は嬉しいものですね。

IMPS STUDY FIELD定期走行会、無事に閉幕

照りつける太陽の下、ステアケース地面から見ると、、、面白かったですね
画像は動画からですが、それぞれの走り方のチェックにも役立つかもしれません
フロントデフ、トランスファー、そしてリアデフ、サスペンションアームピボット部など下廻りの突出した部分を把握しヒットさせないようにコントロールしているのが判ります
短い距離の加速も意外と見えるのだなとおもいました
撮影方法は、スマホを地面に設置。踏んづけたらスマホは壊れるでしょう。でも、皆さん卓越したコントロールが出来るので、踏んづけちゃうなんて心配は無用!?
次回はミニミニロックセクションでやってみたいとおもいます。ご協力お願いします。

IMPSクロスカントリー定期走行会

明日7月27日はIMPS定期走行会です 日時:平成26年 7月27日 場所:IMPS STUDY FIELD IMPS STUDY FILEDは会員制です 会員メンバーはIMPSまで御一報頂ければ、365日いつでもフィールドを使えます 毎月第四日曜日はIMPS定期走行会としています 連休などはキャンプ!& クロスカントリー走行!です

初夏のクロカンオフロードへ向けて、セッティングやメンテナンスをするJA11の2台達

JA11のリーフスプリングは丈夫さが良いですが、それ故にメンテナンスは欠かせない箇所が多いです。ハンドリングも今となってはプアーですし、メンテナンスは怠れない。 1年もしくは半年毎くらいにシャックルブッシュ交換やリーフスプリングセンターボルトの増し締め、ピボットブッシュの交換、リーフスプリングのクリップの修正、Uボルト点検交換、リーフスプリングO/Hなどをメンテナンスし続けよう。


 初夏のオフロードへ向けて、アップグレードも欠かせない
タイヤは性能を発揮出来る摩耗具合かどうか?外径を大きくとるセッティングにする
ローギアー化、リアLSDのアップグレード、エンジンタービンセッティング、、、
長年乗っているだけあって、御依頼内容に気迫を感じますね!