スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

晴天がやってきた!IMPS STUDY FIELD 走行会

今回もIMPS STUDY FIELDにて走行会。 クロスカントリーオフロードの路面状況は 刻々と変化する。 それは土が濡れていたり、乾いたりする。 土は多くの水分を蓄えるので、 たまにの晴天は路面変化を教えてくれる日でもある。
天候だけが教えてくれるわけではない。 地質によっては乾かない場所もある。水が引かない路面もある。走れば土からの水分が土から絞りでてたちまちマッドな路面に変貌することも珍しくは無い。 クロスカントリーオフロードは様々な事柄を頭で整理しながら走行に生かしクリアしていくことが面白い。
地質や天候、地形、障害物、走行の仕組み、四駆の仕組み、、、などなど。
そんなこったで!またまた取り急ぎ写真です。


皆さんの用意している工具に「印」はありますか? 走り終わればジムニーにトラブルは無いか?確認して修理を要することがあれば工具という道具を使います。 この時に誰かの工具を借りる場面が必ずと言っていいほどあります。仲間の協力はとても有り難いものです。皆さんの工具に何かしらの自分の工具だと判る印があると修理完了後の撤収作業が効率良く行えます。コレは誰の物?となったときに自分だけの印があればすぐに判るはず。名前を書くのも面倒だと思いますので、カラービニールテープでも安くDIYで可能。各自色別ですと良いと思います。 IMPS STUDY FIELDでのトラブルはメンバーさん各自で基本的に行っていただくことと考えています。 もちろん重大な修復が必要な場合は私達がバックアップし行いますが、この際に工具が誰のものなのか?を覚えながら作業しています。作業に集中することが早期撤収であり、時間が経ってからアレ?無い、、、という二次トラブルも起きます。ですので、印があれば気持ち良く借したり、使えます。 通常の貸し借りではありませんが、工具は大抵同じ形なので判別つきにくいのです。誰かの工具と混じっても色別なら一発検索ではないでしょうか?
ちなみにソフトカーロープやシャックルなども同じく。IMPS用は油性マジックで名前を書いたりしています。ベテランさんの道具達にはそうしたオフロードで効率の良い使い勝手が隠されていますよ。 また、お使いになったソフトカーロープは早めに水洗いして日陰干しすることで長持ちします。この時にソフトカーロープに損傷は無いかもチェックですね。
走るばかりでもない…