スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2016の投稿を表示しています

IMPS ゼロラインサスペンションキット・ダンパーオーバーホール

JM23の車両メンテナンスメニューにIMPSゼロラインサスキットに採用しているフォックス社製ダンパー・オーバーホールがございました。4x4IMPS/JB23セッティングになっています。
6年間使用でしたが、初オーバーホール。ダンパーオイルは汚れていました。オイルシールやOリング類も消耗し、損傷したシャフトもあり交換しました。
シンプルな構造で、大幅な経年変化が少なく耐久性が良いです。が、定期的なオーバーホールをすることで、より長く楽しく使用できるのです。

2016 6/26 IMPSクロスカントリー走行会

毎月第四日曜日はIMPS主催のクロスカントリー走行会です。今回のエリアは我々の専用フィールドIMPS STUDY FIELDにて。
参加者以外はフィールドには入っていません。安心感はありますが、走行を重ねることが上達の近道です。

午前中にコーヒー飲みつつ、走行開始の合図を待ちます。ドライバーズブリーフィングに並ぶといった気分。 「さあ!走行しましょう!」の合図が下されると、待ちに待った月イチのクロカン走行がスタートします。 自由走行なのに、1番手コースインは誰なんだ?とか内心思っていたりする。その日のコースイン1番手は気持ちが良いからです。ベテラン諸兄に謙遜することはない。見せつけてやれ!そんな気持ちがあるくらいが丁度良いのです。







笑って見ているだけじゃ駄目。教えを求めようとする気持ちで走行しても、教えようが無いです。なんだか、参加するのに緊張する?IMPSクロスカントリー走行会。嫌な緊張感は全く無くて、暖かい良い緊張感を味わえます。
また次回4x4にシフトしましょう!

2016 6.26 IMPS クロスカントリー走行会

雨でもクロスカントリー 毎月第4日曜日はIMPSクロスカントリー走行会を開催中。すでに御参加のメンバーさんは、また今月もこの日が来たか!ではないでしょうか?
場所は4x4IMPS専用エリアのIMPS STUDY FIELDの予定。このエリアは我々がウィークエンドをジムニーでちょうど良く楽しめるフィールドとして作っています。運営は会員制としています。初めての参加の場合は、会員加入前提で御参加お願いします。会員枠に限りがあります。

ビギナー時代からメンバー会員さんも多くなりました!ビギナーの時はすぐに去ります。
丁寧に、早く、上達の近道を通り、時にはジムニーのセッティングを指南し、クロスカントリーの扉をググっと押してくれる。そんなフィールドがIMPS STUDY FIELDです。
ベテラン諸兄のビギナー時代からすれば、、、なんと!優しいことか!!、、、そんな声も聞こえてくるようです。が、、、優しくしないようにも出来るから、面白いのです。

雨の準備もして、4x4にシフトして、楽しく臨みましょう!

ショックアブソーバー・セッティング中

オーバーホウル・リセッティング中 ジムニーに装着ではない、いつもご贔屓にしてくださっているお客様から依頼があり、O/Hとリセッティングを作業中。作業をする際は要相談になります。 いつもとは勝手が違うので、ダンパー分組室は良い緊張感に包まれております。

4x4IMPS JB23W ZEROLINEサスペンション・ダンパー・セッティング

振り返られなくなるほど、次元が上がる  IMPS  ゼロラインサスペンションキットに採用している心臓部とも言えるフォックス社製ダンパーを連日セッティングしています。御予約、御成約済みの方におかれましては、大変お待たせして申し訳ありません。丁寧に組まないとならない機能部品ですので、時間がかかります。
IMPSが管理してきたユーズド・ダンパーのO/Hとリセッティングも完了。 使い込んできてダンパーメンテナンスのO/Hも完了。
入荷した新規IMPS ZEROLINE R1仕様もセッティング。IMPS ZEROLINE R1仕様として工場から出荷されます。入荷時に全ての箇所を再確認しています。初期セッティングに狂いがある場合は、確認後、再度セッティング調整しています。JB23Wのリモートリザーバー式は実車合わせが必要です。 ダンパーばかり並べていますが、コイルスプリングの寸法と仕様が密接な関係性があります。IMPS ZEROLINE コイルスプリングとのセットが最良なセッティングとしています。 なので、初めてジムニーでサスペンションを換えてみたい!というユーザーさんには、「サスペンションキット」一式として、検討すると良いでしょう。

IMPS ZEROLINE R1は次元が高いので、他車とは比べることは出来ないです。
もちろんセッティングや取り付け寸法や、きちんとしたパーツで組まれていることがあってこその話です。
そして、あの老舗オフロードパーツメーカーからもJB23W・JB43Wの高性能ショックアブソーバーを開発中だとか!?発売となれば、これまでのダンパー(ショックアブソーバー)のノウハウを持って、我々はしっかり扱いたいとおもいます。