スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

春のCAMP無事に閉幕 <Spring Camp in IMPS STUDY FIELD>

2013.4.28~29 Spring Camp in IMPS STUDY FIELD ご参加の皆様方、お疲れ様でした。 とても良い過ごしやすい天候で、オフロード日和、キャンプ日和でしたね!

IMPS STUDY FIELD、林間セクションをアタックしておりますね〜 なかなか手強いエリア。土の中には岩が突出、木が迫って来る??
ヒルダウン!降りる前にしっかりコースを確認。アプローチでドライバーシートから降りる路面は見えないので、どういった走行ラインで降りるのかなどもしっかり考え、アタックだ。降りる時のアプローチは細心の注意が必要。ホイールベースの中央付近からリアタイヤが降りる坂の頂点に差し掛かる場所までは、極低速。荷重の移動をゆっくりとコントロールすることで、リアタイヤにトラクションをさせながら降りるのです。急激に降りてしまうと、降りる速度を調整できないはおろか、ブレーキコントロールによりタイヤがロックすれば、降りるというより落ちてしまうことになりかねないからだ。視界に路面が見えてきたら、エンジンブレーキとフットブレーキを併用して、ゆっくりゆっくり降りる、、、




焚き火を囲んで、語り合う 今日1日の走りについて、楽しくオフロードトーク。 お腹もぺこぺこだ。お酒と一緒に、おつまみはステーキで、、、 闇夜にに光る、ディスプレイモニターが、、、 ここは電気も無いアウトドアーだぞ、、、 日中、皆さんが熱く走った模様の動画を撮影。それをタブレットに転送し、皆さんで鑑賞会。 リプレイの映像を見ながらは、話により一層火が入ります。ベテランオフローダーさんからのアドバイスもこれなら教えやすいですよね。 BGMは、、、皆さんのストライクゾーンに入って?良かったのかなと思いました。


シンセティックロープを備品に追加だ!

太い金属ワイヤー担いで、チョーカーチェーンを背負い、 丸く巻いてあるストラップをバっと投げて、、、 沢山のシャックルにスナッチブロック、、、 涼しげな顔でリカバリーしちゃう。格好良いんです。
備品をバージョンアップ シンセティックロープはとても軽くて、印象も軽いですね。束ねられるのもジムニーオーナーにはたまらないのではないでしょうか。
タフそうに見えないかもしれないですが、扱い方は丁寧に、そして間違った使い方はやってはいけません。だから涼しい顔でこれらを使ってリカバリーすると、格好良いのです。
シンセティックロープ軽くて、様々な合わせ技があるそうですので、これからじっくり楽しみながら覚えて行きます。基本的には走行がメインだけど、スタックしても道具を使って楽しむのはとても良い勉強になります。まずは、入荷の御報告でした。
黒色のブライドルは楽しみです。


最強のグラウンドアンカー

グラウンドアンカーを先々月に入荷致しました。
4X4IMPSの備品にしますが、お取り寄せも可能です。
リカバリーの様々なテクニックやコツが沢山ありますが、なんと言っても「アンカー」次第なのです。と教えられました。アンカーにする対象物が無い!なんてシュチュエーションを想定すると、、、この最強の意味が無敵に変わるような、、、そんな気分です。

試用する前に各部をチェック。オフローディングがより一層楽しいものになるリカバリーギアーです。OTC講師竹平氏ブログにも掲載して下さいました。最強のグランドアンカー
目指せ!完全無欠のオフローダー!










インジェクタークリーニング診断!

ジムニーのインジェクターをオーバーホールしよう。
エンジンに燃料を噴射するための装置がインジェクターです。
と簡単に書いてみたものの、この小さなパーツひとつひとつがとても奥が深いのです。
4x4IMPSではインジェクタークリーニング診断機器を用いて、1本づつ点検し、1本あたりの噴射量や噴射パターン、抵抗値に異常はないか、漏れなどの点検を行い、超音波浴槽に浸けながらインジェクターを洗浄します。洗浄中はインジェクターをパルス駆動させながら洗浄します。洗浄液はインジェクター内部に付着している汚れを効果的に洗浄する専用洗浄剤を用いています。インジェクターの先端部のキャップを交換することで、適正な噴射パターンになるようにし、キャップを取り外した状態で洗浄することで、インジェクター先端内部をクリーンアップします。Oリングは再使用不可部品であるため、これも交換となります。インジェクター内部には目の細かいフィルターが入っており、(インジェクタータイプにもよる)フィルターはインジェクタークリーニング専用のフィルターを使い交換します。気筒間の噴射量、噴射パターンが最適化され、コンピュータ制御によって決められた噴射時間に見合った噴射量でエンジンに燃料が供給させやすくなり、スムーズな燃焼につながります。噴射パターンもインジェクター本来の霧化になることで、吸入空気と燃料が混ざりやすくするものです。インジェクタークリーニング診断のレポートに残しています。エンジンのセッティングのひとつの重要な要素として参考になるかと思います。

詳しくはホームページまたはお問い合わせ下さい。http://www.imps.co.jp/original/injector.html

OFF ROAD TRAINING CAMP by 4x4IMPS

4WDと共に旅をする、OUTDOOR そして、OFF ROAD MOTOR SPORTS!! そんなシーンでの感動 新たなる楽しさ 新たなるスポーツを感じたら そこに集う人々をサポートし、より楽しんでもらえたら、、、 そんな思いを持った仲間が共に考え学ぶ それが、オフロードトレーニングキャンプなのです。


4X4はなんでスタックするの?どうしたらより良いトラクションを得られるの?


クロスカントリー走行をしていると、いろいろと疑問が湧きます。オフロードトレーニングキャンプ(以下OTC)では、4WDの走破性を客観的に評価する研究をライフワークとするモータージャーナリストである竹平氏を特別講師として招き「見る・考える・動かす」を学び、4X4クロスカントリーという趣味を、より一層深める学びの場を開講致します。


合い言葉は「オフロードを科学する」


ご参加お待ち致しております。


堅苦しいですか?オフロード?いいえ、、、楽しいんです!


なぜか?って、、、そりゃあ仕組みがあり、それを生かす走りがそこにはあるからです。


好奇心や冒険心を駆り立てる4X4クロスカントリーの世界には、様々なノウハウや知識を自らが賜り前に進むことが出来る。それが趣味のことならより一層深く見つめたいもの。4X4IMPSが開講するオフロードトレーニングキャンプでは4X4クロスカントリーを楽しむために、操縦が上手くなるために、大切な趣味を洗練するために、仲間で共に楽しみながら体験することが勉強になると考えています。

開催日:2013年 5月26日
参加費:IMPS STUDY FIELD会員/¥4,000 ビジター/¥8,000
場所:IMPSスタディーフィールド 参加生徒数:15名まで タイムスケジュール:AM9:00~16:00 昼食は各自持参のこと。椅子、筆記用具メモ等持参のこと。 定員になり次第締め切らさせて頂きます。(5月19日締切)
尚、当日はフィールドは貸切となりますので、OTC参加者しか入場できません。参加者以外の見学はお断り致します。 詳しくは4X4IMPSまで御問わせ下さい。




Spring Camp in IMPS STUDY FIELD

春のキャンプの予定が決まりました。
飲み物、ディナー、朝御飯、全て各自持参です。
また、ジムニーでたっぷり走ることも可能です。
会員制オフロードフィールドですので、詳しくは4x4IMPSまでお問い合わせ下さい。