スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2014の投稿を表示しています

STEIR CASE

先日のIMPS STUDY FIELDでステアケースを乗り越える!トレーニングとなりました。 ステアケースは直角または直角に近い段差のことだ!  アプローチはスロースピードで進入すること。選択するギアは1速で4WD:LOW。
助走距離は短くとること。車速が速いと前輪が段差に当たった時に後輪が空転し易くなるため。リアタイヤの空転により、走行ラインのズレも生じ易い。

なので、スロットルはスローで前に進める最小限度で進む。
 前輪が段差に当たった時点でハーフスロットルまで踏み込む。



すると、前輪は段差の上へ昇っていく。
前輪の浮遊感を感じ取り、そのままスロットルをフルスロットルまで開く。 ドライバー視線はこのときすでに綺麗な空しか見えない。十分に地形を把握しておく。そして、後輪の位置を感じ取っておく。 後輪が段差に当たったら、スロットルをオフ。空転を抑えグリップを探ろう。
 正しいスロットルワークがあれば、ジムニー全体が前方向に押し出される手応えを感じるはずだ。(上記ジムニーはオートマティック車)









 こちらのジムニーはマニュアルミッション車。前輪の浮かせ方も必要最低限で抑えていてスムーズだ。
ホイールベースが短いジムニーは腹下が段差に引っ掛かってしまいがち。フロントがポンと跳ね上げられば、フロントが落ちてこないようにスロットルを開け、後輪が登り切る手前でアクセルオフ。短い距離を後輪のみで進むわけだ! 引っ掛かってスタックしたら、ステアケースにバンパー下などがヒットしないように、ゆっくりソロリと降りよう!

IMPSクロスカントリーミーティング<定期走行会>無事に閉幕

少し濡れた土がまた、ひと味加わった感じが楽しい 刻々と変化する地面、それをつぶさに手応えとして感じながら いつもと違った緊張感があった、、、 そんな1日だったのではないでしょうか?
ビギナーを卒業し、中級者になりノリにノってきたメンバーさんが、、、 今度はベテランさんの走りを分析!ソコはそーではないじゃぁ?ですかね、、、 普段は〇〇サンが〇〇君に!上手く行かないと、〇〇ちゃんになってしまんじゃないか!? (笑)激が飛び交います。 教え合うとその人にとっても良いわけですが、結果的にこれでもかというほど、ベテランさんに染み付いたドライビングは簡単には変えられないということに、、、
思い出したゾ!そうそうこうだった、、、アレ?手足が動か、、、ない? JA11発売当時から乗っているベテランさんに火がつき、新たに装備したトラクションデバス。その上達振りも凄まじいものがあります。昔覚えたことを再現してみて、それを修正していく過程を見ていると、なんだか無駄が無い操作になっていくのですね〜


段差攻略!少しレクチャーを受け、面白いようにクリアだ! (写真ではわかりにくいですが、穴ではありません) 本日、転倒者も出た段差でしたね。轍にバンパー上以上高さのある段差。轍は左右の深さが異なる轍。難所に着いたら、躊躇せずいきたい、、、勢いはなくてはならないが、丁寧さが、最も大事なのです。
次回のIMPS クロスカントリーミーティングは7月27日。詳しくはIMPSまで。

オフロードのお供に

ジムニーで週末のクロスカントリー走行を楽しむシーズンも直前ではないでしょうか。
クロカンするエリアは野外で、大抵の場合何も無いところが多いですよね。
ドライブシャフト破断などで野外作業も起こります。作業工具はもちろん携帯済みだからノープロブレム!、、、でも、案外忘れがちなのが作業後の手汚れ
そんなシーンに持っておくとナイスなハンドタオル

オイルや塗料がよく落ちる水を使用としないウェットタオル。コンビニエンスストアーなどでもお馴染みですね。ですが、油汚れに強いかどうか?すぐに破けてしまうなど、野外活動でタフに使える物ってなかなか無いかなとおもいます。
このウェットタオル、生地にポリプロピレンの繊維が入っているデュアルテクスチャー構造で、破けづらく丈夫です。シトラスベースで香りも良く爽やか。取り出した1枚の大きさは、幅25cm、長さ30cmで全部で180回拭う量が容器に入っています。肝心の洗浄力は独自配合の洗浄剤で良好。難燃性で燃えにくいです。

汚れたままの手で作業では効率が気になるところ。野外となればスムーズな作業が求められます。ちょっとしたアイテムでも使うと、何か特別な1日になることでしょう!

また、エンジンオイルも携帯用として持って行こう。その他オイルも、忘れがちなのは、ブレーキオイル。代用が効きにくいオイルを携帯しておきましょう。 パーツクリーナーもいつものより良い物で良い休暇にしましょう!

キネティック・リカバリーロープ極少数入荷

キネティック・リカバリーロープが極少数入荷いたしました。 既に御予約頂いていますので、ホントに極少数。 ジムニーでスタックからの脱出に使うロープです。車両同士に連結させて引くときに使用します。ソフトカーロープのような伸縮はしません。ですが、最大30%伸びます。最大負荷以下では衝撃を吸収するので、ストレスが少なく引くことができます。 数年IMPS STUDY FIELDにて使用中で大活躍中ですが、引いたアクションは想像以上にソフトな印象です。 直径:19mm 破断強度:8620kg 長さ:6.0m

シンセティックロープも面白い 結べる柔らかさがあるシンセティックロープ。とても軽量で、水に浮くほどです。 金属ワイヤーよりも高い破断強度。取り扱いはデリケートに。
スタックせずに行くのはもちろんですが、それだけでは無理な話。 スタックしても!楽しめる物を持って遊ぶとより一層面白いです。その前にお勉強ですね。