スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

GO GO GOES ONだよ

IMPS STUDY FIELDにて定期走行会。 あいにくの雨でした。雨の中の写真撮影はおっくうになってしまいます。 ビデオ撮影はこういう場面でとても便利ですね。 小型カメラをバキュームサクションカップで設置出来たら、あとはRECを押すだけ。 今回は曇り空ということもあってか、写りが良いかな?


ドライバーは幼き頃からジムニーに強い憧れを抱いていた。時を経ていまから数年前にJB23Wを購入。物心付いた頃は四駆雑誌を読み、いつか大人になったらジムニーに乗るんだ!そんな夢をカタチにした一人である。 父親の趣味のひとつとして楽しんでいたクロスカントリー走行やジムニーと共にアウトドアー。そんなDNAを受け継ぐ者達。第2ジェネレーションがすでに到来している。
すると、好都合とはこのこと。JA11Cが彼に舞い降り、運転席という神聖な椅子でもありオフロードへ行くための作業場を手にすることになった。「ヨロシク頼むぞ、、、」様々な想いがよぎる中、特に何も考えずに車体に小型のカメラを取り付ける一人の男がいる。
本番スタートでフィールドを走行。モニターチェックに入ると、、、一発本番にも関わらず、スムーズな走行をして頂けた。
そんなJA11Cの主なスペックは以下だった、、、

JA11Cの2型
オーナーは彼で3人目のオフローダー。チューニング整備履歴は当社が管理。
7Pロールバー
IMPS JA11系高次元サスペンションキット
  IMPSクロスカントリースポーツショックF102/R102
タイヤはDUNLOP MT2 195R16にホイールセッティングはリボルバーT55

さらなるステップアップは、、、
IMPSトラクションD リアLSDやショックアブソーバーの変更などなど、、、

でもまっこれだけ走行出来ればひとまずOKだ!



どんどん出てきてほしいゾ!

電子書籍などを読んだり見たり出来る端末が
ゾクゾクとリリース発表されてますね!
初代iPadがリリースされてから、かなりの時間が経ち
端末の大きさも現実味溢れる大きさになった気がしています。
個人的には、アマゾンのキンドルファイアーが良いなと、、、定価も安めですしね。

アマゾンオンラインショップから電子書籍を購入し、同社の端末で読んだり見たりする。AppleもiTunesから購入し、同社端末で見ることを考えると同じことなのかなと思いますが、アマゾンオンラインショッピングには普段身近に欲しい物もある中で、雑誌や本があるっていうところが良いなと思いました。
iTunesも音楽データ販売や映画、雑誌や本も販売しているので、こっちも当然良いことですしね。
ふと気がつけば自分の周りのデバイスがApple製品ばかりになったので、あえてここは浮気をしたいなと思いました。

四駆の本がこういう舞台で沢山出てくると良いな!と思います。もちろん購入に際しては内容次第ですが!

楽しみは膨らみまくりです、、、

☆を足してみた

キャンプの暗い中を撮影。星は見えません。 星空を足すとどうなるのか、星を描いてみました。 写真画像加工も面白いですね。

う〜ん自然な感じしないなぁ、、、 初めて描いたわりには、、、 まっいいか。

オイルが劣化していませんか?

減衰力の復活 お馴染みのツインチューブ式低圧ガスショックアブソーバーは交換タイプです。 IMPSサスペンションキットに採用し愛され続けているツインチューブ式低圧ガスショックにも当然ショックオイルが使われています。ノーマルショックよりもオイル量を増やしているセッティングにより減衰力をリーズナブルな価格で実現していますが、やはりオイルなので劣化します。このタイプは非分解式ショックアブソーバーのためアッセンブリー交換となります。

普段は見えないところに 左側の写真が約130,000Km走行でオフロード林道走行、クロスカントリー走行も多く走行。 右側は新品ショックオイルの淡褐色透明の色相。
すいぶん、色は変わるものですね。 ショックアブソーバーのなかのオイルへは様々な異物が混入します。目には見えない極小さな泥や砂、塵や水分かなと思います。そして、ショックアブソーバーが熱変換器である以上は熱の影響でオイルが劣化します。(熱による影響で色相が変わるのかはわかりません) エンジンオイルをチェックするようなレベルゲージがショックアブソーバーにあるわけではないので、オイルの劣化具合の判断は操縦性や安定性をみて判断しますが、距離数や取り付け後年数などからの経年劣化でもおおよその判断がつきます。 先日、お客様がショックアブソーバーのヴァージョンアップをしたので、今まで取り付け使っていたツインチューブ低圧ガスショックのオイルの状態を見ておきました。 見るためには再使用不可能となります。 ショックオイルのおおよその視覚的イメージになればと思います。
アッセンブリー交換ですが、オイル交換も含めてのことなのでメンテナンスは重要ですネ!