スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

JB23-5型 K6A オイルクーラーよりオイル漏れ & 水漏れ修理 メンテナンス

JB23-5型 K6Aエンジン補機類の水冷式オイルクーラーからオイル漏れが発生。オイルクーラーオイルシールとユニオンボルトOリングを交換。点検洗浄して取り付け。
水冷式オイルクーラーへのアクセスではターボチャージャーを着脱になります。タービンも消耗していたためタービンオーバーホール専門のリビルドターボに交換。タービンエキゾーストハウジングのエキゾーストマニホールド取り付け面の面研も行っており、クラックの点検、タービンブレードの交換やタービンシャフト交換など、タービンオーバーホールにてリーズナブルに。また、タービンブローの場合、その要因となるインタークーラーやパイピングの異物の清掃、タービン交換時エンジンオイル交換はもちろんのことタービン交換で注意すべき点はとても多いのです。

ウォーターポンプより冷却水漏れがあり、ウォーターポンプを交換。スズキ純正部品。プーリーもアッセンブリーとなっています。ポンプはベルトプーリーで内部インペラが回転することで冷却水を圧送。エンジンブロック取り付け面Oリングが劣化。付近のエンジンオイルが付着したこともOリング劣化を早めたのではないかと推測。
ウォーターポンプベルト、テンショナベアリング、エアコンベルトも同時に交換。

組み付け後試走を行い、快調なレスポンスと綺麗なエンジン周りになりました。
エンジンオイルはMOTUL300Vをセッティング。オイルシールへの攻撃性もとても少なくエンジンオイルによるオイルシール漏れも無くなります。
最近の投稿

JB23W-10型 IMPS ZEROLINE R1 サスペンションキットをセッティング

IMPS ゼロラインR1 サスペンションへセッティングの依頼があり装着いたしました。
ダンパーはフォックス社製IMPSオリジナルバルビングを採用しています。取り付け前はダンパー分組にて調整を行い装着となります。

フロント周りではサスペンションコントロールアームのセッティングにてキャスター角変更によりキャスタートレール量をセッティング。直進安定性とダンパー性能に応じたステアリング操舵時の反応をセッティングしています。
 IMPSゼロラインサスペンションキットのシリーズはノーマルのディメンションを崩さず、次元を上げています。

ラテラルロッドはピローブッシュ式となります。ゴムブッシュではステアリング操舵時の反応が鈍いため。また、大きな力がかかるため高剛性ロッドリンクとしています。

リア周りでは、リアラテラルロッド補正ブラケット(オフロードサービスタニグチ製)をセッティング。ブラケット厚みも十分に確保されており高剛性により信頼性が高いです。アクスルと並行位置としてタイヤの横力を反応良く伝えるセッティングとしています。
ダンパー取り付けブッシュもピローブッシュ式によりアクスルとダンパーの正確な位置決めをセッティング。
また、コントロールアームブッシュは純正ブッシュをセッティングですが、よりレスポンスを求めるのであれば、コントロールアームピボット・ピローブッシュにてセッティングも可能です。

2019 5.26 IMPSクロスカントリー走行 & OUT DOOR Day CAMP

IMPSクロスカントリー走行会とデイキャンプをIMPS STUDY FIELDにて開催
毎月第4日曜日に開催。5月の陽気にしては気温も高く、夏の到来か?と思うほどでした。
ジムニーJB64のクロスカントリー走行に似合ってきました。












4x4IMPSにてトラクションデバイスをセッティングしたメンバー諸兄はMTタイヤのグリップを感じています。 また次回4x4にシフトして楽しみましょう

JA11C エアコンユニット交換

JA11C エアコンユニットを全て交換。R12エアコンガスでしたが現車にはエアコンガスが漏れており入っていませんでした。エアコンコントローラーアンプも基盤に不具合があったようでコンデンサーファンもエアコンON/OFFに関わらずファンONになっていました。
ユニット全交換により修復。

外気温23度 センター吹き出し口8度

エバポレータ吸入口22度
JA11Cにおいて、よく冷える状態にしました。
真夏のジムニードライビング・フレッシュクールエアーが楽しみですね。

4x4IMPS ULTIMATE L.S.D Front Jimny JA11

IMPSアルティメイトL.S.DフロントをJA11Cへ装備! 1wayに作動するセッティングとなっており、アクセルON時のみにL.S.Dが差動制限を機械制御します。フロントドライブシャフトは純正ドライブシャフトをそのままにセットアップ可能。IMPSアルティメイトL.S.Dリアは2wayとなっており、アクセルON/OFF共に素早い反応で差動制限制御をします。フロントL.S.Dでは4WD時の操縦性(ハンドリング)に強く影響を及ぼすため1wayとなります。クロスカントリー走行シーンのフロント1輪タイヤが接地しない状況下においてもタイヤの空転をL.S.Dが機械制御を行い、接地しているタイヤへ駆動力を配分し、タイヤがグリップパワーを生み前進することが可能となるのです。

 イニシャルトルク計測のSSTツールも用意しています。2つ必要です。定期的なイニシャルトルクチェックはL.S.Dでは欠かせない点検です。オーバーホール時にスムーズな作業をさせてくれます。

 イニシャルトルク計測SSTツールは24ソケットに対応。校正のとれたトルクレンチでイニシャルトルクを計測。計測時に専用L.S.Dオイルを塗布するといいのです。

合わせてフロントアクスルホイールハブもオーバーホール。キングピンベアリングやホイールハブベアリングをグリースパッキングして交換。ナックルオイルシールやドライブシャフトオイルシールも新品部品に交換。すべてスズキ純正部品を使用します。

鋭い諸兄にはお気づきかと思われますが、JA11Cの元々のサスペンションは半月型リーフスプリングです。ですが、こちらのJA11Cは21年前に4x4IMPSにてセッティング販売をしていたIMPSオートトラクションサスペンションキットを装備していました。車検適合品で完全ボルトオン設計。コントロールアームはステムブッシュマウント。現在は製造メーカーは無く廃番品です。リア周りは諸事情によりIMPS高次元サスペンションキットリアになってしまいました。つまり、フロント3リンクアクスルリジットコイルスプリングサスペンションとリアアクスルリジットリーフスプリングサスペンションという面白い形式になっています。21年前のIMPSオートトラクションサスペンションキットをリリース。その直前にタッチの差でJA12がリリースされた背景があったそうです。

2019 5.2 ~ 5.4 IMPS STUDY FIELD JIMNY OUTDOOR CAMP in IMPS Study Field & Yatsugatake

毎年恒例となりました5月GWのIMPSアウトドアーキャンプ&ジムニークロカン走行会を開催しました。 新緑が眩しい絶好のジムニークロカンシーズン!芽吹いた樹木の若葉から降り注ぐ日差しがジムニードライビングに優しく熱い。 そして、クロスカントリー走行に欠かせないアウトドアーキャンプ!日中の暖かさから夜の冷たさがまだ残る季節。快適四輪駆動野走生活となったのではないでしょうか。


IMPS STUDY FIELDにてメキメキ上達中。この日のためにダンロップ・グラントレックMT2 7.00R16をセッティング。

今回はIMPSジムニークロカン走行部とテンカラフィッシング部と活動があり、アウトドアーキャンプ部があり、キャンプ泊のあとリエゾン走行区間を八ヶ岳へ向けてジムニーツーリングと、帰りの渋滞と、様々な出来事をジムニーと共に満喫過ごせましたね。 また次回4x4にシフトして楽しみましょう!

JB23-10型 IMPSゼロラインR1/ダンパーオーバーホール

JB43へ2012年にIMPSゼロラインR1をセッティング。JB23-10型へ車両を買い換え、サスペンションパーツをJB23-10型へ入れ替え、約14万キロ走行。
初めてのダンパーオーバーホールとなりました。IMPSゼロラインR1はフォックス社エマルジョンダンパーをIMPSオリジナルバルビングセッティングにて採用しています。

塩害によりダンパーシリンダー外観が錆による進行を受けていました。ダンパーシャフトシールやシャフト傷などによるダンパーオイル漏れは無く、オイルシール摩耗限界を迎えていました。定期的なオーバーホールが大切です。

IMPSダンパー分組室にてダンパーを分解し、洗浄後、ダンパー各パーツを点検測定。 基本的な消耗品はオイルシールとダンパーオイルです。シャフト表面の摩耗・傷が確認でき次第交換もしくは研磨となります。 消耗品以外のパーツに異常は無く、オイルシール&Oリングを交換組み付け。 ダンパーオイルはフォックスJM42ダンパーオイルにて組み上げ。左・新油。右・交換前旧油。オイルの劣化は熱を繰り返し発生させるためオイル成分が壊され劣化。オイルシールやOリングのクリアランス拡大やシール性悪化により外部から水分や異物が混入。オイル酸化の要因となります。劣化したオイルは減衰力を生まず、消泡性も低くなり減衰力を発生できなくなります。定期的なメンテナンスが大切です。
外観部の研磨を行い、防錆クリアペイント。ダンパーにはピローブッシュをセットアップとなっており、こちらも全て新品ピローブッシュに交換組み付け。

ジムニーに組み付け後、試走を行い、適正なIMPSオリジナルバルビングの減衰力を確認。 とてもスムーズなダンパーの動きに蘇りました。 定期的なサスペンションリフレッシュメンテナンスは大切です。