スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

2018 6.24 IMPSクロスカントリー走行会 in IMPS STUDY FIELD

梅雨のIMPSクロスカントリー走行会
日時:6月24日 第四日曜日
場所:IMPS STUDY FIELD

春のうららかな陽射しが懐かしく、梅雨のクロカンとなりそうです。
雨はオフロードを刻々と変化させる非常に大きな要因です。だからこそ、それを体験しておくことで、もう一歩クロカンマスターへ近づける、、、
雨のデイキャンプも同時開催!雨具のポテンシャルを試す良い機会です。
4x4は全天候型で遊びましょう〜詳しくはお問い合わせ下さい。参加される場合はご連絡下さい。

JB23W-8型 A/T ターボチャージャー装着

JB23W-8型 A/T K6Aエンジンターボチャージャーをセッティング。
モンスタースポーツタービンMSK06タービンを採用。同社MSK07タービンとA/R比8.4と同様ですが、吸気側コンプレッサーブレード、排気側タービンブレード径が異なります。毎日の通勤、クロスカントリー走行を踏まえMSK06を提案。
 E/Xマニホールドはスズキ純正新品に交換。JB23W-5型以降純正E/Xマニホールドは形状変更され排気効率が最適化されています。熱を蓄えることでタービンの効率が良いのです。

 HKSスーパーファイヤーレーシングM40XLスパークプラグへ変更。変更前はNGK RXルテニウムプラグ、こちらが熱価8番設定無しのため。オカダプロジェクツ・プラズマダイレクトイグニッションコイル装備済み。

 スパークプラグネジ部にはスレッドコンパウンドを薄く塗布します。スパークプラグのガスケットは適正なトルクで締め付けます。ヘッド燃焼室の爆発圧力漏れを起こさせない締め付けトルク管理が重要です。

タービンを取り付け試走。IMPSスーパーインタークーラーJB23W-5型以降用を装備済み。ターボパイプ・オフロードサービスタニグチ製、IMPS強化ブローオフバルブHKS製装備済み。エアーフィルターボックスはノーマルを使用。
ノーマルエアーフィルターボックス吸入口はエンジンルームの中で吸気温度が低いエリアに吸入ダクトがあります。クロスカントリー走行がある場合、微細な砂や土埃の吸引があるため剥き出しオープンタイプエアーフィルターやノーマル形状透過性能エアーフィルターなどはエアーフィルターオイルを塗布すること推奨します。IMPSではMOTULエアーフィルターオイルスプレーを推奨します。

トータルセッティングの基礎となるパーツを適正に段階的にセッティング。非常にバランスの良いセットアップとなりました。
エンジンオイルは、フランスのMOTUL 300Vクロノ 10W40をセッティング。IMPSではMOTUL 300Vを推奨しています。

JA22W K6Aエンジンメンテナンス

JA22W K6Aエンジンメンテナンスが完了。
試走を行い、適正な出力とトルクになりました。

JA22W K6A メンテナンス

JA22W K6Aのメンテナンス中です。
汚れていたオイルのスラッジ堆積を完全にクリーンに洗浄。綺麗になりました。ヘッドバルブ点検交換、バルブフェース&バルブシート研摩当たり修正、ヘッド面研、バルブタペット調整。

 タイミングチェーン、チェーンガイドなどの消耗品は交換。

 ポート内も完全にクリーンに。



 排気ポートも完全にクリーンに。



 ヘッド冷却水通路も完全にクリーンに。


 クランクシャフト曲がり検査、オイルシール当たりラッピング修正、オイルシール交換。ブロック面研。JA22W K6A本来の出力を取り戻すべくメニューとなりました。

インテークマニホールド、エンジンマウントなどなど補機類のメンテナンスも行います。
作業は続く〜