スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

2019 2.24 IMPSクロスカントリージムニー走行会 in 下館オフロードコース

2月のIMPSクロスカントリージムニー走行会は下館オフロードコースにて開催しました。 春の訪れを感じ、1Dayジムニークロカン走行!最高に楽しい至極の時間でした。春のオフロードシーズン到来です!
 東京、神奈川、千葉からもアクセスが良く広大なエリアの下館オフロードコース。冷暖房完備のクラブハウスもありとても充実した設備です。
芝生の平たい地面もあって、クロスカントリー走行のひそやかなひと時に優しいアウトドアで癒されます。

 早速クラブハウス前の程良いロックセクションをトライ。アプローチや脱出する箇所を選ぶとより面白くみえてきます。


 卸したてのJB64Wが走行チェックに入りました。使い始めたばかりのJB64Wの手応えを感じている時は楽しいですよね!





 3ホイーリング姿勢を攻略しよう。IMPSゼロラインR1/JA12&JA22スペシャルセッティングは素早い大きな挙動にも瞬時にダンパー減衰力が効き、無駄な挙動によるトラクションロスが少なくタイヤのグリップを生みます。3ホイーリング時の浮いたタイヤを次に接地させる時間もコントロールしやすくなります。操っていて楽しいのです。

 64ユーザー同士の話は電子スロットルのタイミングを掴む!の様子


 引き続き、広大なエリアにあるロックセクションへ。
IMPSトラクションデバイス・アルティメイトリアL.S.Dがまだ装備されていないオープンデフでもトライ。走行ルートをよく選択しなければ前進できなくなります

IMPSトラクションデバイスとローギアードを装備セッティングしていると、ルートの選択が広がります。

2019 2.24 IMPSクロスカントリー走行会 in 下館オフロードコース

2月24日のIMPSクロスカントリー走行会は茨城県下館オフロードコースの予定 2019年 2月24日
時間:AM8:00〜PM16:30
場所:下館オフロードコース http://www.shimodate.jp/off-course.html
現地集合解散です。飲食持ち込みです。当日コース貸切りではありません。IMPSクロスカントリー走行会メンバーとして参加の方はIMPSまで問い合わせください。

2017年3月末の時の走行シーンです。広大な面積のコース。関東都心からのアスセスも良くなっているので、ウィークエンドのちょっとしたクロスカントリー走行に、芝生の上のアウトドアーに楽しめます。広さが面白いです。ジムニーで土の上で速度を出し、ブレーキをする体験にとても良いエリアです。路面のギャップは探して面白いスポットを見つけるといいですね。ロックエリアもアプローチを間違えると脱出がシリアスになってしまいます。
 ジムニービギナーに体験するにはちょうどいい走行抵抗があるとおもいます。漠然としたイメージでは、このくらいの岩場はジムニーならば簡単に走破できるはずが、、、見た目以上の走行抵抗が加わり、前進できなくなります。なぜ?前進できなくなるのか?テーマを作っていくとより一層今後のドライビングに役に立つことでしょう。



JA11 F6A 整備完了

JA11 F6A 3速ATが全て組み上がりました。 ターボオーバーホウル組み付け、エンジンピストンブローのため異物がエンジンオイルに大量に混入します。ターボのオイル潤滑はエンジンオイルが担っています。エンジンブローやターボブローではターボオーバーホウルまたはターボ交換を推奨しています。
インテークマニホールドのオーバーホウル、スズキ純正部品ウォーターホース交換、スズキ純正部品エミッションホース交換、スズキ純正部品サーモスタットや水温計センサー交換、インジェクター診断クリーニング、スパークプラグNGKイリジウムMax7番。
油脂類はエンジンオイルはIMPSが長年強く推奨しているMOTUL 300V クロノ 10W40。ATFはMOTUL Multi ATF。冷却液はスズキ純正エクスタースーパーロングライフクーラント。

エンジン始動性が安定し復元。試走では、適性な3ATミッションの加速に戻しました。
冷却水温の安定、エンジンヘッド内部やピストン頂部の大量のカーボン堆積が完全にクリーンになったことで、熱の蓄積が正常化され冷却水温の適性化となると推測しています。
2019新年早々F6Aエンジントラブル
JA11 F6A SOHC エンジンオーバーホウル
尚、現車の診断点検したのち、エンジンコンディションによっては修復不能の判断をいたします。