スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

JA11 1型 F6A シリンダーヘッドメンテナンス

JA11 1型 F6A オイル漏れ修理からタイミングベルト交換、F6Aシリンダーヘッドメンテナンスを提案。ヘッドを組み立て調整し、F6Aエンジンブロックに搭載。タイミングベルト組み込み調整。ウォーターポンプ交換取り付け。カムシャフトとクランクシャフトフロントオイルシール交換調整。細かなカバーガスケットなどすべて新品に交換。
インテークマニホールドをオーバーホール。エミッションホースをすべて新品交換。ウォーターホースとヒーターホース新品交換。ヒーターコック新品交換。ヒーターコックは定期的に交換することで、エアコンの効きが安定します。
F6Aシリンダーヘッド搭載し、エンジン始動チェック。今回、予算上シリンダーヘッドフルオーバーホールではなくメンテナンスなので、ヘッド内部の亀裂やヘッド面歪みの確認をブロックテスターにて点検。燃焼ガスが冷却水内に混入している場合、ブロックテスターの青い現像液が黄色に変化する測定ツールです。 試走し無事完了。 ユーザーさんからインプレを頂きました。非常に快適なエンジン回転反応になって、ブーストアップとは違った快感とのこと。
経年した劣化はユーザー自身が気づきにくい。調子が良かった頃は忘れ去られてしまう。 メンテナンスをすることで、忘れていた感覚を取り戻してほしい。 プラスα快適にさせたい一心です。

JA11 F6Aシリンダーヘッドメンテナンス

F6Aシリンダーヘッド洗浄。ピストン頂部カーボン堆積と同様に汚れが堆積。長年MOTUL 300Vを使用していたので、オイルによるヘッドの汚れはありません。 ヘッド面歪みは無く、ヘッド燃焼室の表面を少し研摩磨きしました。ノーマル純正ヘッドガスケット使用。面研無し。むやみに燃焼室研摩により燃焼室容積が増えて圧縮比が下がることは良くないので磨く程度としました。吸排気ポート研摩。インテークマニホールド、E/Xマニホールドと同径を保ちます。 メンテナンスメニュー次第では、燃焼室容積測定調整、圧縮比変更があります。
インテークバルブ交換 バルブフェース面とスカートを少し磨きました。純正インテークバルブは凹凸が多いです。

エキゾーストバルブ交換 フェース面とスカートを少し磨きました。純正エキゾーストバルブのほうは凹凸が少ないです。
バルブ当たり摺り合わせ。バルブシートは交換せず、摺り合わせのみとしました。 当たり幅1.5mm限度値。尚、限度以上はバルブシート交換とシートカットです。
バルブガイドも交換無し。尚、バルブ振れ量限度値以上はバルブガイドオーバーサイズで交換となります。バルブガイドオイルシール交換。 バルブスプリング、スプリングリテーナー、ロッカーカーム、ロッカーアームシャフトを洗浄し、組み立て。 冷間時タペット調整値にてタペット調整。
インテークマニホールドO/Hを行い、ヘッド搭載に続く

JA11 F6Aメンテナンス

F6A SOHCシリンダーヘッドを取り外し、ピストン頂部清掃。非常に多いカーボン堆積。  カーボン堆積を除去。ピストン頂部のバルブリセスとくぼんだエリアにカーボンが多く堆積。
シリンダーヘッドのメンテナンス作業に続く

JA11V F6Aタイミングベルト交換とオイル漏れ修理

JA11Vの1型 F6Aのタイミングベルトをチェック。タイミングベルトカバーを取り外し、点検しましたが恐々でした。ベルトテンション張力はゼロ。エンジンの反応も鈍くなっています。1型はウォーターポンプをタイミングベルトで駆動させています。2型以降はオルタネーターベルト(ファンベルト)で駆動させています。
タイミングベルトカバー内側。クランクシャフトフロントオイルシールからエンジンオイルが漏れていました。
当初のメンテナンスプランではオイルシールオイル漏れ修理でしたが、プランが進んでしまい、シリンダーヘッドのメンテナンスとなりました。
走行距離10万キロ経過し、初めてヘッドを取り外しピストン頂部をチェック。非常に多くのカーボン堆積があります。
 気筒1番
 気筒2番
気筒3番 ピストン頂部清掃とブロック面清掃ヘッドガスケット交換です。 作業は続く

JA22W K6Aエンジンメンテナンス

JA22W K6Aエンジンメンテナンスが完了となりました。オーナー様におかれましては、大変お待たせ致しました。
入庫時はアイドリングも正常に働いていない状態でした。エキゾーストマニホールドの亀裂から排気ガス漏れも有り、ターボも正常に働いていない状態でした。
IMPSエンジンメンテナンスプランにより、完全復活。

K6AをO/Hメンテナンス。日立製スズキ純正タービンO/H、オイルパイプ新品交換、インテークマニホールドO/H、インタークーラー洗浄、ウォーターホース&エミッションホース類、エキゾーストマニホールド新品交換サーモスタットからラジエーターキャップ、エアークリーナーエレメント、スパークプラグセッティング。
エンジンオイルはMOTUL 300Vクロノ 10W40をセッティング。
付帯整備としてフロントホイールハブベアリングO/H、フロントディスクブレーキローター&ブレーキパッド交換。リアサスペンションアームブッシュ純正新品交換。トランパスMT195R16&ホイール組み込み取り付け。
樹脂製前後ノーマルバンパーは紫外線劣化があり、くすんでいましたのでサービスでリフレッシュしました。再塗装ではありません。
JA22Wはメンテナンスの行き届いていない車体が多いようです。K6Aメンテナンス修理は、スズキ純正部品廃盤に伴い、現車確認後に修理可能かどうかを判断致します。

JA22W K6Aエンジンメンテナンス

JA22W K6Aシリンダーヘッド・カムシャフト。オイルによる汚れもクリーンに。 カムシャフト・シム調整、タイミングチェーン交換、タイミングチェーンガイド交換、ヘッドガスケット交換、ヘッドボルト適正締め付け。 冷却水通路もクリーンに。 シリンダー摩耗限度を超えていたため、スリーブ打ち替え。 作業はまだまだ続く〜

JA22W K6Aエンジンメンテナンス

JA22W K6Aエンジンシリンダーヘッドのクリーンアップ完了 エンジン性能を決めるヘッド。吸気ポートのカーボン堆積もクリアに。バルブシート当たり修正、バルブステムオイルシール交換とバルブ洗浄。 排気ポートのカーボン堆積もクリアに。バルブシート当たり面修正、ステムシール交換、バルブ点検洗浄。 作業は続く〜