スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

暑さをぶっ飛ばせ!

暑さをぶっ飛ばせ! 頑張る皆様、愛機ジムニーは小さいけれど 暑さに負けず?動いてくれます。 思い思いに夏のキャンプを堪能しましょう、、、 なんかアブナイ感じ酔っぱらってます? 皆さんとっても優しいです。


どうしました? 写真にいたずら書き 勝手に書きました、、、スミマセン(笑) 良い写真でしたので!
8.12~8.14キャンプで涼めると良いなと思います。 皆様、御予定頑張って下さい!!おりゃあ〜


7.22 IMPS STUDY FIELD走行会

タイトル:「どこから来たの?そして、何処へ行くの?」 解説:青々とした雑草、まわりはなにもない。 あるのは目の前のオフロードだ。何処から来て何処へ行くのか、自由なのだ。 やっと拓けた場所に辿り着けたぞ。そんな気分にさせる一枚。 所蔵:IMPS STUDY FILED


沢山のご参加でした。そして、お疲れ様でした。 涼しい気温で、雨も無く、走りは熱く 素晴らしい一日でした。




タイトル:なるほど 解説:エアーダウンとは一体?まずは体感してみるのだ!ヤッタぞ登れた。 所蔵:IMPS STUDY FILED


タイトル:アイスコーヒー3L 解説:アイスコーヒーは、、、(本人に聞いて下さい) 所蔵:COFFEE IMPS


タイトル:見せて頂きました 解説:草で見えないのに、、、何か見極める秘密がありそうです。ありがとうございました。 所蔵:IMPS STUDY FILED



タイトル:プチトライアル 解説:プチでも、、、熱くなる。楽しいことです。 所蔵:IMPS STUDY FILED


2012 SUMMER CAMP in IMPS STUDY FIELD

2012.8.12~14 IMPS STUDY FIELD SUMMER CAMP !!

ムムム!大決定なんデス!平成24年8月12日〜14日となりました。
メンバーさん、ジムニーで参加したいぞ!さん、方々いかがですか? と頑張ってお声を掛けても、、、
たくさんのテントを張れるスペースは無いです。
一度4X4IMPSまで御連絡下さい。



IMPS CUP TRIAL MASTERS

前回の走行会のなかでプチトライアルなるものを行いましたが、、、 まさか、まさかのIMPS CUPを極秘裏に水面下で開催するとのことです。
お持ちの方へ:いつもの青いパイロットシャツ持参しましょう。 やるなら、それなりに様になる姿で開催したいですよね! 楽しみです





7.22 さあ行こうフィールドへ、、、その前に

フィールドへ、、、その前に増し締めしていますか?
リーフスプリングであれば、 アクスルとスプリングシートの定期増し締め ショックアブソーバーの取り付け箇所 シャックル、、、 緩みやすい構造です。 フィールドへ行く前にちょっと気にしてみては?

チューニングパーツは大人の科学

INTERCOOLER=インタークーラー 〜の間の冷却装置 何の途中にある物なのか、、、 エンジンとターボチャージャーの間の冷却装置というネーミング ターボチャージャーは過給機でジムニー660ccに長らく使われてきている装置ですが、
小排気量を補佐するために ターボチャージャーで空気をエンジンに送っている。

気と言っても圧力を掛けた圧縮空気 ターボチャージャーは生成し、エンジンに出来るだけ多くの空気を取り込ませ、エンジンの燃焼により爆発した力を起こさせやすくして、小排気量でもパワー、トルクを損なうこと無く利用しようと、、、 そんなターボチャージャーが生成する圧縮空気には熱が発生してしまいます。 昔ながらの自転車の手動空気入れの筒が空気をいれるときに暖かくなるのも同じ仕組み。ジムニーは圧縮空気圧がノーマル値JB23W5型69~110kPaという制御設定。1pa(パスカル)=1N㎡は1平方メートル当たりに1N(ニュートン)う〜ん記事を書くということは本当に難しい事です。空気も物質であり、質量があり、海の上には1㎠あたりに1kgの圧力がかかっている。大気圧、気圧だ。圧力は変動する。温度や体積の影響を受けると、圧力は温度と比例して上昇する、、、「気体の体積は圧力により反比例し、絶対温度に比例する」気体、体積、圧力の3つの要素には相互に密接関係があり、どれかひとつの要素に変化があると、ほかの要素に変化があるということ。
INTER COOLERなわけ ターボチャージャーの圧縮した空気を冷やすことは、温度変化を安定させ、体積、圧力に変化を起こさせにくくすることで、決められたところで過給するために必要なことです。 ターボチャージャーは空気過給し空気密度を高め、充填効率を高めるものだと学校では教えてくれましたが、、、自分で勉強してみると、この教えってじつはとても断片的だと気がつきました。(学校の時間の都合上)早い話が、自分が中学高校生のときに遊んでばかりいたおかげで、覚えていないままターボチャージャーを勉強したからなのですが!
チューニングを楽しみ、仕組みを知り、 それを上手く利用して操縦する。 マニアな世界にはマクロで賢い世界。なによりも面白い。 IMPSが自ら大好きなスーパーインタークーラーには まだ隠されたものがありそうだ、、、 冷やせ空気を、、、

熱き夏空の下、IMPS STUDY FIELDで君は何を想うか。

7.22はIMPS STUDY FIELDです。 皆さんご予定頑張って下さい。 夏のIMPS STUDY FIELDは今季初ですね。のんびり過ごしてもOK 熱く!走行してもOK。都会のコンクリートジャングルで熱せられた身体を休ませ、脳みそリフレッシュ!己のドライビングに磨きを掛ける。プチトライアルも計画中です。4X4トライアルを体験したことのない方々はチャンスかもしれませんね。 夏のCAMPも楽しみです。BEERを隣の川で冷やして、、、夜の宴をして、そのままテントに飛び込む。テントは明るいうちに設置しましょう。
貴重な体験を楽しみながら、STUDYなのです。


ナイトオフローディングも!?やってみたいですね!フォグランプを付けてその重要性を体感しましょう!暗いですよ〜漆黒の闇はなかなか体験出来ません。闇夜といえば4X4 IMPSではアジアクロスカントリーラリーの1シーンを思い出します。暗かった、、、
ちなみに写真はフラッシュなので、明るそうに見えますが、、、今年も開催とのことですので、楽しみですね。
アジアクロスカントリーラリー2012




<お知らせ>
お店の定休日、毎週水曜日に頂いておりました。 定休日が変わります。 水曜日と第2、第4日曜日となります。 よろしくお願い致します。


4x4 TRIAL IMPSカレンダー