スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

2017 5.28 IMPSクロスカントリー走行会 in 富士ヶ嶺オフロード

5月のIMPSクロスカントリー走行会も楽しくクロカンDayでした
ステージに合わせた走行を覚えていきます。4x4の基本の走りが今またとても面白いのです。

















また、次回4x4にシフトして楽しみましょう〜

2017 5.28 IMPSクロスカントリー走行会 in 富士ヶ嶺オフロード

5月のIMPS走行会は山梨県の富士ヶ嶺オフロードコースの予定 IMPS走行会として参加する方は、インプスまで要連絡してください。 現地集合解散です。走行費は当日コースにお支払いください。 尚、貸切ではありません。1日フリー走行となります。 昼食、飲み物各自持参。飲料水自動販売機がコースにあります。 いつものように、アウトドアーチェアーにテーブル各自持参しましょう。 ガッチリ走行する方は、スペアパーツ、工具、リカバリーギアーを持って行きましょう!事前のメンテナンスをしていきましょう。

ブッシュレンジャー Xエアージャッキ

エアージャッキを見て触って、体験しよう  先日のIMPS 春の4x4アウトドアーキャンプ!にて、エアージャッキの解説デモンストレーションがありました。

エアージャッキは樽型のバルーンを、ジムニーのエンジンの排気ガスを溜め、その圧力を利用し、車両をリフトアップさせるリカバリーギアーです。岩場や、フレームなどが土に乗り上げスタックするようなシーンでは、車両を上に持ち上げることが非常に効率が良いリカバリーです。樽型のバルーンは、スタック路面と車両との狭い隙間に滑り込ませることができます。オフロードエアージャッキ自体は昔からある道具で、Xジャッキのように、樽型に上に膨らむ構造が正式なタイプです。
エアージャッキに接続されるホースの中間にホースジョイントがあり、車両から離れた位置で、エアージャッキの空気量をアジャストできるのも安全で安心です。
排気マフラーの熱害により、エアージャッキが損傷するので、付属の耐熱シートを介してリフトアップです。エアーバルブが装備されているので、ポータブルエアーコンプレッサーでも空気を入れることが可能。
あらゆるシーンで効率的で面白いエアージャッキをIMPSは推奨しています。デモンストレーションでは、上手い使い方、裏技を披露したようです。

2017 5.4~5.5 4x4 SPRING OUT DOOR CAMP in IMPS STUDY FIELD

毎年恒例となったIMPSアウトドアーキャンプ!参加の皆さんたっぷりジムニーとキャンプを満喫。風も気温も、土のグリップも、ジムニーも絶好調! 今年は過ごしやすい五月晴れとなりましたね。 前回あたりから、4x4トライアルで遊んでみよ〜!が人気です。今回もビギナーさんが、猛烈に頑張っておりました!遊びの中にある真剣な眼差し、、、良いですね!














フロントドライブシャフトを折っちゃったみたいです。メンバーさんもじっくり応急処置を見学して、お勉強していました。


適当に明るい時間にテントを張り、暗くなったら夜のアウトドアー・ディナータイムです。