スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

2016 12.25 IMPSクロスカントリー走行会 今年も無事に閉幕!

2016年IMPS STUDY FIELDにて、今年最後のクロスカントリー走行会でした。 1年間、毎月走行会を開催。思い思いに走行されたのではないでしょうか。 IMPS専用フィールドはとても好評です。じっくりと遊べるエリア。ベテランからビギナーへ、アドバイスはほどほどに。まずは4X4で走る!ちょっとしたことを気にしてみる。それを問いかける。そして、、、再び4X4で走る! 時には人生の岐路に佇むことがあるだろう。そんなときは4X4にしてみる。 すれば、自ずと何かが見えてくるのです。








来年も4X4にシフトして楽しみましょう!

2016.12.25 IMPSクロスカントリー走行会 in IMPS STUDY FIELD

2016年12月25日今年ラストのインプス走行会です。 今年1年IMPS STUDY FIELDで楽しみましたね! 今年もビギナーさんやジムニー復活組、忙しくて参加出来なかった方々、守りに入った方々、相も変わらずの方々、走り納めとなりますよ〜 ご参加の方はご連絡下さりますよう、お願いします。













JA11C IMPSインジェクタークリーニング

IMPSインジェクタークリーニングをしてインジェクターセッティングしました。 1993年からインジェクターをメンテナンスしてこなかったようです。総走行距離約9万キロ ですが、時間の経過で汚れが堆積していたようです。

インジェクターのボディーの錆を落とします。
クリーニング前のインジェクター先端(キャップを外した状態)でも汚れが見えます。  先端部をブラシでこすることは出来ないので、超音波洗浄です。
超音波洗浄は汚れが短時間で落ちます。専用のバイオクリーン洗浄液も効率良く汚れを落とします。

12V全開噴射、パルス噴射ともに整いました。
今回は2番インジェクターの噴射量が整わなかったので、別のインジェクターでセッティングしました。
アイドリングも安定し、アクセルのレスポンスも向上。ブーストアップや燃料調整前にやっておかなくてはならないメニューです。

JA11Cタービン交換

タービン交換の作業を提案し、ノーマルタービン交換となりました。アクチュエーターはIMPS強化アクチュエーターキットでセッティングし、ブーストカットとブーストアップ0.97kgf/㎠としました。

ターボ交換に付随してエキゾーストマニホールドも純正品で交換。取り外したエキゾーストマニホールドはクラックがあり、エキゾーストマニホールドカバー裏側には排気ガス漏れの痕跡が残されていました。これではターボが働かないです。
タービンエキゾーストハウジングのポートがエキゾーストマニホールドのポートとズレていたため、分解してポート研磨し修正しておきます。エキゾーストマニホールド側も面取り程度でポート研磨しておきました。 セッティング用のブーストメーターで実走行し、ブーストチェックとセッティング。 エンジンオイルはMOTUL 300Vクロノに交換。スパークプラグも番数を変更。ブローオフバルブもIMPSターボパイプⅡ(ブローオフバルブ付き)セットに交換。 REWITEC PowerShot 60ccを注入。エンジンの金属表面コーティング修復してくれるのです。フリクション低減されて、とても効果的です。 インジェクター診断へ作業は続く、、、

JB23Wメンテナンス

リア・サスペンション・アクスルに取り付くブラケットが損傷し、長らく使い込んだアクスルを交換してリフレッシュです。
ミッションケースも同様に新品へ交換です。まだ廃盤ではないようで、良かったです。 上下分割一対になります。
 ベアリングは全て交換。オイルシールも交換。ローセカンド・シンクロナイザリング交換。組み立て後はレビテックG5・ギアコーティングを入れておきます。コーティング後が楽しみです。


2016 11.27 IMPSクロスカントリー走行会 in IMPS STUDY FIELD

雨の中のクロスカントリーでした 毎月第4日曜日のインプス走行会も今年残すところ、あと1回となりました。 マッドの状態はやっぱり手強いですね。

また、次回4x4にシフトして楽しみましょう!
そろそろ、雪中走行のルートやら、支度やらをミーティングする頃かな?

2016.11.27 IMPSクロスカントリー走行会 in IMPS STUDY FIELD

毎月第4日曜日のIMPSクロスカントリー走行会
今回は、IMPS STUDY FIELDです!我々が運営するフィールドです。メンバー制ですが、1Day走行のプランもございます。
走行のイメージが強いかもしれませんが、アウトドアー・チェアーにテーブル。テーブルクロスを敷いて、挽きたてのコーヒーを淹れて、、、ピクニック気分で参加するのも良いかも!まだ1度も4WDにしたことがないジムニーでもOKです。参加の場合、店頭もしくはTELにてお問い合わせください。

フィールドにも秋めいてきているとおもいます。
紅葉の美しい色の中、ジムニーで遊びましょう〜

REWITEC エンジン・コーティング

レビテック エンジンコーティング剤を注入し、試走中です エンジンオイルに入れることで、レビテック・コーティング剤をエンジン各部に運び、擦れ合う金属表面のフリクション低減化を図るそうです。
レビテック・パワーショットS 1本あたり750ccまでです。660ccは1本です。
1500kmほど慣らし運転をしていきます。この間エンジンオイルの交換はしないでくださいとのこと。コーティング時間が完了後、10,000kmまたは1年ごとに初期使用量の1/2~1/4ほどを入れ続けることで、コーティング効果が持続するとのことです。

エンジンオイルの性質自体を変えずに使用することができるとのことで、IMPSでもジムニーに採用しようとおもっています。
注入後、早速500kmほど試走中です。先日の走行会で、東京〜アウトドアーパーク・ブロンコの往復。環七〜関越練馬、圏央道と高速道路走行しました。
出来るだけ熱をエンジンにかけるように、ブーストもフルでアクセル全開を心がけました。ベース車のK6AのエンジンオイルはMOTUL 300V クロノ10W40。点火系強化、IMPSインタークーラー、IMPSエキゾーストマニホールド試作品の変更をしています。ECUは純正ノーマル。ターボもブーストも全てノーマル。

レビテック注入後は、明らかにフリクションが少なくなっているフィーリングを感じ取れました。時速100km/hから137km/hにかけては、気持ちが良いエンジン回転でした。エンジン内の各部のフリクションが低減されたからなのか?エンジンブレーキにも変化がある気がしています。
注入する際は、エンジンオイルを交換して臨みたいですね。4x4IMPSではMOTUL 300Vを強く推奨しています。
後日、注入前と後でシャシダイで計測してみたいとおもっております。トランスミッションギア用のレビテックG5も後日テスト予定。

お取り扱いスタートさせて頂きました! PowerShot と G5が入荷です。 非常に効果があります。考えを改めないといけないです。

2016 10.23 IMPSクロスカントリー走行会 in アウトドアーパークBRONCO

BRONCOの赤土がとても良いコンディションでした!インプス走行会参加台数は13台ほど。 天候は晴れ、北風が少々冷たい。土の中の水分が良い感じに含んでいて、少し走行ラインをミスするだけで、一気に難しいセクションに変わっていましたね。




 BRONCOは地形的に、斜面に様々な形のセクションがあります。よく下見をしてトライします。

 わかる人にしかわからない泥のコーティングですね〜この時、遠くで見ていたメンバーさんが小走りして駆けつけていましたね!


 登れた〜!そのあとも同じく登る。登り切りを紳士的にゆとりのある?登り切りをするとカッコイイとのことです。そういう登り方のレクチャー(笑)

また次回、ジムニーを4x4にして楽しみましょう〜