スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

4x4 IMPSのIMPS STUDY FIELD 2015定期走行会、走り納め。無事に閉幕。 

2015年、IMPSとしては最後の走行会となりました。
今年ラストの走行会となり、参加メンバーにも熱が入る。今年1年でビギナーさん、中級者さんの上達ぶりには目を見張るものがありましたね!それは走行だけじゃなくて、リカバリーテクニックの面、地形を読み取る目、オフロードトレイルのためのチームワークなど、多岐に渡りました。
見ることも大事。けども、見てばかり、考えてばかりでもダメ。失敗を恐れるな!
失敗しないためには知識が要る。そして、覚えてた真新しい知識を実践することで、一生モノの体験となります。
来年も4x4にシフトして楽しみましょう!




















 特訓中!!



 特訓の成果にくじけることは無い。果敢にアタックした経験はこの先、物を言うでしょう。

IMPS ゼロラインダンパー・フォックスをスタンバイ中

車両を現車確認し、セッティングしていきます。現在は部品入荷待ちの状態です。 サスペンションキットの取り付けではないので、現車を所見しセッティングです。
組み立てに使用するパーツは100%フォックス社純正パーツです。

JB23 トランスファーO/Hとローギアーセット組み込み

JB23W 5型以降のトランスファーにプロスタッフZEALローギアーセットを組み込み。
同時にトランスファーO/Hを行いました。オイル交換はもちろんのこと、ボールベアリングやオイルシール、トランスファー内部洗浄・点検でした。ローギアーセットを組み込みにあたり、ケース加工やシフトフォーク加工を必要とします。

組み付け後は車両へ取り付けです。電動アクチュエーターの調整をします。




サスアーム・ピボット・スキッドガードを取り付け  オフロードサービス・タニグチ製、スキッドガードを採用。(フロント)鉄系の材質のため頑丈でしょう。板厚は約3.0mm。ボルトオン。ピボットのブラケットは損傷する前にプロテクションする必要があります。損傷がある場合は補修後、取り付けることになります。
取り付けボルトもセット。スキッドガード内にスペーサーを入れるタイプでした。締め付けナットはハードロックナットが設定されていました。
ピボットブラケットが損傷すると、サスアームに干渉する可能性があるので、オフロードへ赴く前にプロテクションしよう!