スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

F6Aエンジン・リフレッシュ

リフレッシュ後 ユーズドカーから乗り出したJA11C 新しいオーナーさんはメンテナンス具合や現状を把握しておきたいものですよね。 早速、乗り出しいざ走り出しましたが、エンジンやタービン、クラッチなどなどリフレッシュが必要だということになりました。これから乗り出すわけですしね! リフレッシュ前
F6Aエンジンはオーバーホールし、補機類ターボやエキゾーストマニホールドや補機類ホース類の交換です。 ヘッドカバー(タペットカバー)を開けてみると、オイルスラッジの堆積が酷いです。 オイルの選択が良くなかったことが言えます。
オーバーホール後はクリーンな状態になります。各部基準値内に。
エンジン補機類も同様に、オーバーホール。吸気管内の汚れも酷く、洗浄剤にてクリーンにします。
タービンも同様にオーバーホール。エンジン本体のオイル管理が悪かったため、ターボのオイル循環不良でした。ヘッドカバー(タペットカバー)からのブリーザーホースはスラッジ堆積により、不通となっていたました、、、
エンジンへのワイヤーハーネスのテーピングも巻き直し、コネクター部も点検洗浄です。

エアコン無しの設定のJA11Cでしたので、スズキ純正カーエアコンキットを新規で取り付けました。残暑もクールエアーで気持ち良い!!幌車オープンでエアコン! 矛盾していますが、熱い風の中に冷たい空気がくるのが、贅沢ではないでしょうか? まだ、エンジン以外にも不安要素もあります。年式的に見ても、やっておかなきゃスタートできないわけです。ともあれ、蘇った動力は嬉しいものですね。