スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

JA11 サスペンション・リセッティング

おおよそ20年前にリリースしたJA11 IMPS高次元サスペンションキット1世代目をリセッティング フルテーパリーフやキャスターウェッジ、IMPSツインチューブショックアブソーバーF101/R101、セミロングシャックル、ブッシュ類を交換。 丈夫な構造ですが、オフロードクロスカントリー走行頻度によっては損傷や劣化もあります。
IMPSクロスカントリースポーツショックF102/R102をセッティング。在庫残り少なく、無くなり次第終了、または予定無く変更です。
リーフスプリングは4x4エンジニアリング・カントリーサスペンション。リーフスプリングをセッティング。
リーフスプリングの仕様とシャックル長さ、ショックアブソーバーの寸法を適正にセッティング。
次のクロスカントリーが楽しみですね。

2016 5.3~5.4 IMPS STUDY FIELD 春のCAMP !

ジムニー・アウトドアー・キャンプ 毎月、4x4IMPS定期走行会の中で、キャンプもしています。来月の宿泊エリアは、IMPS STUDY FIELDにてキャンプです。フィールド内はこれといって特別な施設はありません。あるのは、土の地面のみ。それも凸凹のね。水はあるにはありますが、川の生水です。水は心配なので、持参しましょう。コンビニ?近くにあります!(笑)温泉?近くにあります!(笑)つまり、、、ちょうど良い具合にオートキャンプなのです。
メンバーのほとんどがCAMPマニアという感じではありません。が!クロカン=キャンプしなきゃ!なにも始まらないのです。 皆さん、それぞれ負けじとアウトドアーギアーが登場します。ジムニーを愛しすぎて車中泊もおります!ジムニーの横の地面で寝れます!夜はキャンプファイアーでしょう!差し入れ大歓迎です。


ジムニーでIMPS STUDY FIELDでCAMPしてみたい!方はお問い合わせを。もしくは御来店の際にお申し付け下さい。

2016 4.24 IMPS クロスカントリーミーティング 定期走行会 無事に閉幕

毎月定期的に開催しているIMPSクロスカントリーミーティング 今回は会員制IMPS STUDY FIELDにて。AM8:00に集まる。雨は小雨からやや強まる。 気温も春が少し遠ざかったくらいだ。けども、都会には無い良い匂いの空気がある。
昆虫たちもしばし、雨宿り。 雨の中のクロカンは、なんだか妙に緊張する。


なかなか、スタートを切れない時間がある。誰かがひとたび行くと、始まる。 まずは、ウォーミングアップ。各々好きなところで。











とても良い感じに轍が創られていくね〜 JB23/JB33とJA11/JA22はホイールベースやトレッドの違いがあるので、創られた轍がジムニーごとに難易度を上げている感じがします。

インジェクタークリーニング

ジムニー・インジェクタークリーニング ジムニーに搭載されているエンジン・インジェクターのみ対応しています。全国のお店さんから、依頼があります。ありがとうございます。デンソーインジェクター4ホール。JB33に純正採用されているタイプ。外観をチェックし、外観部を洗浄。
クリーニング前にインジェクターの診断を行います。噴射量、噴射パターン、抵抗値に大きな問題はありません。診断点検計測後クリーニングに入ります。

超音波クリーニングをして、インジェクター内部の汚れを除去していきます。

インジェクター先端は燃焼ガスに晒されるため、汚れの堆積があります。クリーニング後はクリーンになります。クリーニング後、再度インジェクター診断を行い、インジェクタークリーニング作業完了となります。

2016 4.24 IMPS クロスカントリー走行会

新緑の中で4x4にシフトしよう! いまから、ちょうど1年前のIMPS STUDY FIELD。鮮やかなグリーンの中、クロスカントリー走行は気分最高だ! 長年乗り込んできたベテラン諸兄は、いつだってジムニークロカンシーズンなのだが、その中でもクロカンで過ごしやすい季節が、春先や秋口ではないでしょうか?春は風が少なく、埃も立ちにくい、やや湿った土。暖かい気候。秋口は落ちていく木の葉を見つつ。やってくる寒さを感じながら。 なので、ビギナーやこれから今まさにジムニー・クロカンデビュー、アウトドアーデビューする方々にはお勧めしたい季節。
今月も月に一度のIMPS定期走行会です。4月24日の場所はIMPS STUDY FIELD。そして、、、5月の連休はCAMP!です。初めて参加してみたい!ジムニーで。方におかれましてはIMPS店頭にて、またはご連絡下さい。1Day、年間会員どちらでも受付中!
CAMP!インプススタディーフィールドではキャンプも出来ます!って自慢気に言うことじゃないですが、、、まぁ〜平らな地面が無い!オートキャンプ場には行ったことは無いですが、上等な蛇口の水場や焼き場があるそうじゃないですか?IMPS STUDY FIELDにはそんなものは無い!明かりは無い!すぐ近くにコンビニがあります!(笑)そんななかのキャンプです。キャンプデビューも良いですね。アコースティックギター持ってきて奏でて良いし、オカリナ吹いても良いし、太鼓叩いて儀式しても良いし、焚き火の周りで歌って踊っても良いし、自由な空間です。  最近は大声で歌って、少々、妙なテンションの賑やかなキャンプがブームです(笑)



JB23メンテナンス

JB23エンジン・クラッチをO/H 消耗品であるクラッチカバーとクラッチディスクはセットで交換になります。
5速ミッションも搭載。人気の近代ジムニーにはJA11、JA12、JA22、JB23ですが、エンジンはF6A、K6Aと知られた型式があります。ミッションやトランスファーにもこういう知られる型式になってほしいです。(おそらく正式なミッションユニットの型式名はあるはずです)あとは、アクスルも。そのほうがマニアには通じやすいとおもいます。

JB23 K6Aメンテナンス完了

20万キロオーバーK6Aメンテナンス 綺麗になりました。各部の調整組み付けもしっかり仕上がり。 オイルはMOTUL 300V クロノ10W40を再び使い続けます。


基本的にノーマルです。ポートのカーボン堆積もクリーンになりました。

補機類排気系はほとんど交換です。触媒アウトレットパイプも交換です。 エンジンオイルはタービンのオイルも兼ねています。ジムニーのタービントラブルに多いのが、エンジンオイルの定期交換不足、オイルのセッティングミスによるものです。 4x4IMPSではMOTUL 300Vを強く推奨しています。